昭和大学病院への入院中の知らない間に 希望していない薬を投薬され寝たきりとなった。  病院側は対応に問題は無かったと言う。 そこで、病院側の対応を記載し公で問いたい。  かつこの様な理不尽な対応が許される 医療業界の問題を考えるきっかけのにしたいと思いまとめた。

昨年 2016年8月に医師会へメールを送ったが、もう一年近く経過したので もう一度送付。
昭和大学病院の対応が変わる事は期待は薄いかもしれないが、
出来る事はやっておきたい。

本文は次の通り。

突然のメールで失礼致します。前原と言います。
記憶に誤りがなければ、昨年 医師会のホームページから直接医師会へメールを送りました。
今回も送ろうと、同ホームページを開きましたが
「ホームページに関する意見・感想等にメールを送付してください。」との記載です。
直接医師会へメールを送れない様なので、勝手なお願いですが、
以下本文を転送、又は印刷して医師会関係者の方へ渡して下さい。

宜しくお願いします。

 ----------------------- <以下本文> ----------------------
医師会会長様へ

昨年8月にメールを送らせていただいた前原と言うものです。
前回のメールで健康被害の事を書きましたが、再度説明します。

2012年9月に東京都品川区の昭和大学病院に心臓病の治療のため入院しましたが、
一ヶ月後小脳がダメージを受け寝たきりとなってしまいます。
寝たきりとなった原因の説明が一切ないまま 同病院を翌年に退院しました。

原因を知りたく、2015年8月に病院へ手紙を書き 質問を重ねましたが、
納得出来る回答もないまま、翌年2016年5月に病院側は 今後回答を拒否する。
私へは弁護士を立てて連絡するようにと言っています。

経済的な問題もありますが、寝たきりの私には 実際にそのようなことは出来ません。
仕方無く、以下の通り、病院側とのやり取りや 対応の問題点をまとめたサイトを作り公開しています。

健康被害を受けた昭和大学病院の対応のまとめ
http://shouwa.memo.wiki/

昨年のメール同にサイトの事は書きました。
メールを送った日から数日間は閲覧数が飛躍的に上がったことより、
サイトの存在は医師会において広く認知されたと理解しています。
あれから、新たに得た知見、情報等を元にしてサイトの内容も加筆修正を加え、大きく変わっています。
又、閲覧していただければと思います。

同サイトを見てもらえば分かると思いますが、昭和大学病院の対応は、
到底許されるものでは無い筈です。
医師会がこれをそのままにし何もしないのであれば、これを許容したことになります。
そうなれば、患者、医療に向き合う医師会の姿勢が疑われると思います。

何かしら対応して頂くことを切に希望します。

2017年7月20日  前原 メールアドレス ■■■■■■

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人のみ編集できます